2009年08月15日

【重要】広島経済大学 危機管理委員会よりお知らせ

既に本日(8月15日)の新聞等の報道でありましたように、本学インドネシア国際貢献プロジェクトのメンバーが、インドネシア、ジョグジャカルタにて発熱し、新型インフルエンザに感染した可能性があるため、現地の病院に入院いたしました。

現地の報告を受け、本学では8月13日に開催した危機管理委員会において、インドネシア国際貢献プロジェクト参加学生のインフルエンザ感染について協議いたしました。

その結果、現地での感染拡大を防ぐため、8月13日15時(現地時間13時)以降のプロジェクト活動を全て停止することを決定いたしました。
また、学校医の助言を受け、今後の対応については以下のとおりとすることにいたしました。

・メンバー全員がインフルエンザ検査をする。
・メンバーの中で最後に発症した者が発症してから1週間後に帰国
 することとし、それまでは宿泊所からメンバー全員を外出禁止とする。
・体温は毎日2回(朝・晩)計り、下痢・吐き気・咳・鼻水・喉痛・頭痛などの症状についても調査する。
・この決定事項について保護者全員に連絡する。

なお、今後の対応や近況については、本サイト(広島経済大学インドネシア国際貢献プロジェクトブログ)を通じてお伝えいたします。

posted by 管理人 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。